アミノ酸化粧水の特徴など

エイジングケア化粧品の一つに、「アミノ酸化粧水」があります。

これは、その名のとおりアミノ酸が配合された化粧水のことですが、
そもそもアミノ酸とはどういう物なのか理解している人は、意外と多くありません。

簡単にいうと、人間の体を作っている「タンパク質」の原料です。
人間の体は水が60%で、残り40%の半分の20%がタンパク質でできています。

骨・筋肉・内臓などのすべてがタンパク質で作られているので、
その原料であるアミノ酸は、人間にとって非常に重要な成分といえるのです。

では、そのアミノ酸が化粧水に含まれる場合ですが、アミノ酸にはいろいろな種類があり、成分名にはその一つ一つが記載されます。
そして、アミノ酸は水溶性なので化粧水と親和性が高い成分なのですが、主な働きとしては「保湿」が挙げられます。

保湿成分には、「水分を挟み込む」「水分を包み込む」「水分を吸着させる」という3種類がありますが、アミノ酸は三つ目に該当するので、肌の乾燥を防いでくれます。

そして、アミノ酸化粧水には、以下のような利点があります。
一つ目は、「肌に染み込みやすい」。

分子の大きさが小さいので、肌に染み込みやすくなっています。
また、プラセンタなどと同様にイオン導入にも適しているので、より肌の奥に染み込ませることも可能です。

二つ目は、「肌への刺激が少ない」。
肌と同じ弱酸性の成分なので、敏感肌の人でも使いやすくなっています。

もちろん、乾燥肌や脂性肌などの人でも使えます。
このようにいろいろな利点がありますが、では難点はないのかというと、強いて挙げるなら「セラミドやヒアルロン酸などと比較すると、保湿力が低い」というのが難点です。

ですから、バリア機能の正常化を目的としている場合は、アミノ酸化粧水以外の物も使う必要があります。

とはいえ、実際に売られているアミノ酸化粧水には、
アミノ酸以外の成分もたくさん入っているので、保湿力の高い成分が入っている物を選べば、この難点は問題ではなくなるといえます。

ストレピアでエイジングケアを根本からし直そう。